【無下】と【無碍】の意味の違いと使い方の例文

する 無碍 に する 無碍 に

「無下」の意味 「無下」は「取り立てて考慮する必要がないとして扱うこと」という意味です。

7

「融通無碍(ゆうずうむげ)」はお経から出来た言葉?|意味と使い方

する 無碍 に する 無碍 に

これは「一乗海釈」に先立って「行巻」で引文される曇鸞大師の『論註』で、の「」を 「」と釈されて、 「道」とは 無礙道なり。 無下にする• 何ものにもとらわれないこと。 而能成就無上菩提。

11

「無下」の意味と使い方!「無下にする」とは?「無碍」との違いも解説【類義語・対義語】|語彙力.com

する 無碍 に する 無碍 に

無碍だ• 「 真理」とは、すべての結果には必ず原因があるという 因果の道理のことです。

15

【無下】と【無碍】の意味の違いと使い方の例文

する 無碍 に する 無碍 に

よって、御開山は、ただこれなり、とされたのであった。 これを「 煩悩即菩提」といいます。

「融通無碍(ゆうずうむげ)」はお経から出来た言葉?|意味と使い方

する 無碍 に する 無碍 に

「 功徳」とは、菩提であり、喜びです。

8

「むとく」ではありませんよ!「無碍」の読み方、知っていますか?|OTONA SALONE[オトナサローネ]

する 無碍 に する 無碍 に

無碍という言葉の「碍」とは妨げることや邪魔をすることを表し、打消しの「無」と結びついて、無碍は邪魔するもののないさまや、何ものにもとらわれないことを意味します。 闊達無碍 などとなります。 規則などを細かくしっかりと守ろうとしすぎて、融通が利かないことをいいます。

14

「むとく」ではありませんよ!「無碍」の読み方、知っていますか?|OTONA SALONE[オトナサローネ]

する 無碍 に する 無碍 に

一切の仏法を具 そな へずして、しかもよく無上菩提を成就すること有ること無けん。 {已上} 「。

20

歎異抄

する 無碍 に する 無碍 に

御正忌の 御文章に、 それ人間に流布してみな人のこころえたるとほりは、なにの分別もなく口にただ称名ばかりをとなへたらば、極楽に往生すべきやうにおもへり。 「碍」は音読みで「ガイ・ゲ」、訓読みで「さまたげる」と読みます。

7

無碍人

する 無碍 に する 無碍 に

「無下にする」とは? 「無下にする」は「放っておいて見向きもしない」という意味になります。 「滞りがない」という意味で使われることもあります。 融通無碍• 日本には奈良時代に唐から伝わってきたとされ、南都六宗の一つに数えられています。

7