歎異抄 現代語訳(対訳)

訳 語 雑 現代 説 訳 語 雑 現代 説

この世でどんなにかわいそうに、何とかしてやりたいと思っても、ご承知の通り、助けきることは難しいですから、聖道の慈悲は、一時的で徹底しないのです。 浄土仏教で教える慈悲とは、はやく阿弥陀仏の本願に救われて、お礼の念仏を称えて仏になる身となって、大慈悲心をもって思う存分人々を救うことをいうのです。

漢文雑説学校で雑説を習っていますが、現代語訳を読んでもいまいち内容が...

訳 語 雑 現代 説 訳 語 雑 現代 説

せめて普通の馬と同じようにしようと思っても、それもできない。 「奴隷人」のことではありません。

6

雑説 現代語訳・書き下し文・読み方

訳 語 雑 現代 説 訳 語 雑 現代 説

「雖」(いえどモ)で、 逆接の 仮定を表す。 念仏は、阿弥陀仏に救われて人生の目的を完成した人にとって、 行でもなければ善でもない。

17

漢文の「雑説」の学習を通して、この文章が政治論であることを踏まえて、...

訳 語 雑 現代 説 訳 語 雑 現代 説

千里 ノ馬 ハ常 ニ有 レドモ 、而伯楽 ハ不 二常 ニハ有 一 ラ。 5 是馬也、雖有千里之能、食不飽、力不足、才美不外見。 伯楽と奴隷人、千里馬(名馬)と常馬が対照的に使われている。

4

雑説

訳 語 雑 現代 説 訳 語 雑 現代 説

」と言う。 馬を食(やしな)ふ者、其の能く千里なるを知りて食はざるなり。

19

雑説 現代語訳・書き下し文・読み方

訳 語 雑 現代 説 訳 語 雑 現代 説

自然の理にあいかなわば、仏恩をも知り、また師の恩をも知る べきなり、と云々。 要は、幾つかありますが、肝要は一つしかありません。